ハワイ旅行の注意点を確認しよう

ハワイ旅行 注意

あなたはハワイ旅行に行く前に注意事項を確認していますか?

今回はハワイ旅行に行く前に知っておきたい18の注意点についてお伝えします。

ハワイ旅行の注意点を確認することで、現地で危険な目に遭うリスクを減らすことができますし、「これを確認しておけばよかった・・・」とタラレバをなくすことができますからね。

 

このブログではハワイ旅行の注意事項に関する話をできるだけ分かりやすく伝えるために、

  • ハワイ旅行ですると違法になってしまう8つのこと
  • 違法にはならないけど注意して欲しい10のこと
  • 外務省に掲載されているハワイ旅行に関する情報

これらをご紹介して行くので、ハワイ旅行に安全に行きたい方はぜひ参考にしてください。

【違法になるから絶対に厳守!】ハワイ旅行に行く前に確認すべき8つの注意点

ハワイ旅行 注意点

ハワイ旅行で法に触れないようにするための注意点

  1. 歩きスマホ
  2. 喫煙
  3. 飲酒
  4. 横断歩道を渡る
  5. 自転車
  6. 12歳以下の子どもを1人にさせない
  7. ウミガメ
  8. 飛行機に持ち込む持ち物

歩きスマホに関するハワイ旅行の注意点

ハワイのホノルルでは道路横断中の歩きスマホは違法となります。

具体的には法律違反した場合、違反した回数に応じて、15ドル~99ドルの罰金を支払うことになるので絶対に歩きスマホはしないようにしてください。

喫煙に関するハワイ旅行の注意点

ハワイでは禁煙エリアでタバコを吸うと100ドル程度の罰金になります。

喫煙エリアの一例を挙げると、

  1. ホテル
  2. ビーチ
  3. プール
  4. 公園
  5. 空港

これらになります。

ただあくまでこれは一例なので、タバコを吸える灰皿が置いてある場所以外は『禁煙エリア』だと思い、タバコを吸うのは辞めた方が無難です。

飲酒に関するハワイ旅行の注意点

ハワイの飲酒可能年齢は21歳からになります。

またお酒類を購入するときに、写真付きの身分証の提示を求められることは覚えておきましょう。

当然ですが、お酒を飲んでの飲酒運転は法に触れることになるので絶対にしないようにしてください。

横断歩道を渡る時のハワイ旅行の注意点

ハワイでは横断歩道以外を横切ると130ドルの罰金になります。

また信号無視も違法になるので、絶対にしないようにしていきましょう。

自転車に関するハワイ旅行の注意点

ハワイで自転車に乗るなら、日本と同じように歩道を走らないでください。

歩道を走ると55ドルの罰金になります。

12歳以下の子どもに関するハワイ旅行の注意点

12歳以下の子どもを、ハワイで1人にする(待たせることも含む)のは法に触れます。

最悪の場合、通報されて逮捕されることもあるので、絶対に子どもを1人で待たせることは辞めるようにしてください。

ウミガメに関するハワイ旅行の注意点

ハワイ旅行 注意

ウミガメに触れるのは禁止になりますし、見学するときも1,8m以上離れて見学しなければなりません。

また鳥に餌をあげるのも禁止なので覚えておきましょう。

飛行機に持ち込む持ち物に関するハワイ旅行の注意点

機内に刃物類を持ち込むと、50万円以下の罰金になります。

特に女性は眉毛用のハサミやカミソリもNGなので注意していきましょう。

ハワイ旅行に行く前に確認すべき10の注意点

ハワイ旅行 注意

ハワイ旅行

  1. 関税・消費税
  2. チップの二重払い
  3. 列の並び方
  4. 優先席
  5. 服装
  6. 水着
  7. お土産
  8. 新婚旅行
  9. 飛行機
  10. 個人手配

関税・消費税に関するハワイ旅行の注意点

ハワイで購入した商品、日本やホノルル空港の免税店で購入した商品でも、免税範囲を超えてしまったら税関で課税されるので注意が必要です。

免税範囲は商品によって異なり、

  1. お酒:760ml3本まで
  2. タバコ:日本製1カートン・外国製1カートン
  3. 香水:約59㎖
  4. 上記以外:海外市場の合計金額20万円以内

この4つになるので、関税で申告漏れをして脱税にならないためにも必ず覚えておいてください。

チップの支払いに関するハワイ旅行の注意点

ハワイはチップ文化なので、

  • 荷物を客室に運んで貰ったら荷物1つにつき1ドル
  • ホテルで部屋の清掃をして貰ったら1ドル(枕元に置いておく)
  • 食事代の10~15%程度を払う

これらを覚えておきましょう。

また請求額にチップが含まれた料金になっている場合も多々あるので、チップの二重払いをしないように注意してください。

列の並び方に関するハワイ旅行の注意点

ハワイでの列の並び方は主に1列です。

特に買い物に行くとき、レジ毎ではなく1列になるので注意していきましょう。

バスの優先席に関するハワイ旅行の注意点

ハワイの市バスは主に前方が優先席になります。

前方が優先席になるので、座席に座るなら前は避けるようにしていきましょう。

また大型スーツケースを持ち込んでの乗車は断られることがあるので注意してください。

服装に関するハワイ旅行の注意点

ハワイではドレスコードが必要なレストランがあるので、レストランに行くなら事前確認(最悪お店に入れないです!)しておきましょう。

また女性は肌の露出は控えたほうが無難です。

特に夜は事件に巻き込まれないためにも、肌の露出を控えた服装で街中を歩くようにしてください。

水着に関するハワイ旅行の注意点

ホテル付きのプールに宿泊する際は主に、ホテルの廊下は水着で歩くのは禁止になります。

またスパやジャグジーでも水着の着用は必須になるので覚えておきましょう。

お土産に関するハワイ旅行の注意点

ハワイでお土産として購入しても、日本には、

  1. 植物
  2. 食べ物

この2つは主に持ち込めないです。

詳細については税関から海外旅行者の皆様へこちらに詳しく書いてあるので、是非一読してみてくださいね。

新婚旅行に関するハワイ旅行の注意点

新婚旅行に行く際は、今まで挙げたすべての注意事項を厳守することで楽しいハネムーンを過ごすことができます。

特にお酒類やタバコ、歩きスマホなど法に触れることは絶対にしないように注意してくださいね。

ハワイでの新婚旅行が台無しになってしまいますからね。

飛行機に関するハワイ旅行の注意点

帰りの飛行機がJALの場合は、日本に帰国する観光客が殺到するので、早めに空港に到着するようにしていきましょう。

個人手配に関するハワイ旅行の注意点

個人手配でハワイ旅行の手配をするときは時差に注意してください。

なんせハワイと日本とでは19時間の時差(ハワイが19時間遅れている)があります。

具体的にはハワイに3泊するなら、3泊5日と1日多い日程の空港券を予約することになるので注意していきましょう。

また旅行会社が手配してくれる場合は、私たち旅行者は時差の心配をすることはありません。

旅行の予約は、すべて旅行会社がしてくれますからね。

ハワイ旅行の注意点や治安を外務省の海外安全ホームページで調べてみた

平成30年10月現在、外務省から注意喚起していることはありませんでした。

ただ外務省海外安全ホームページには、

  • ハワイの火山情報
  • ハリケーン情報
  • 麻疹や風疹に関すること
  • 国際的詐欺事件に関すること

これらが掲載されているので、海外旅行に行く前に必ずチェックすることをお勧めします。

ハワイに到着して危険な目に遭いそうになってから「これ知らなかった・・・」となるのは時すでに遅しですからね。

 

現在,危険情報や感染症危険情報は出ておりませんが,最新のスポット情報や安全対策基礎データ等を参照の上,安全対策に心がけてください。

引用:https://www.anzen.mofa.go.jp

ハワイ旅行の注意点まとめ

ハワイ旅行 注意

最後にハワイ旅行の注意点についてまとめると、赤は法に触れる事項、黒は注意点となり、

  1. 歩きスマホ
  2. 喫煙
  3. 飲酒
  4. 横断歩道を渡る
  5. 自転車
  6. 12歳以下の子どもを1人にさせない
  7. ウミガメ
  8. 飛行機に持ち込む持ち物
  9. 関税・消費税
  10. チップの二重払い
  11. 列の並び方
  12. 優先席
  13. 服装
  14. 水着
  15. お土産
  16. 新婚旅行
  17. 飛行機
  18. 個人手配

この18項目になるので、今ザッと目をとおして「これ何だっけ?」と思うことがあれば是非もう一度チェックしてみてくださいね。

 

ママさんママさん

ハワイの注意事項って法に触れるものから触れないものまで18項目もあるんだね・・・

客室乗務員客室乗務員

そうなんですよ。

ハワイに行くなら事前に注意事項をしっかり確認して、旅行を楽しんでくださいね。

ママさんママさん

はい、気をつけます!

・・・そういえば、ハワイってよくよく考えると常夏(いつでも夏)だから、どの時期に行っても持って行く荷物に大差ないですよね。

客室乗務員客室乗務員

そうなんです!

ハワイは常夏だから、特に拘りがなければどの時期に行っても持って行く持ちものに大差はありません。

だから、ハワイ旅行に行く前に、しっかり荷物の準備をしてくださいね。