ラスベガス服装!春夏秋冬と天気【1月2月3月5月8月9月10月11月12月】

ラスベガスに行く前に服装を確認しよう

あなたはラスベガスに着ていく服装について困っていませんか?

ラスベガスの男女性の服装は必ずしも決まりがあるというわけではありません。

ただ1月、2月、3月、5月、8月、9月、10月、11月、12月とラスベガスに行くまえに服装の選び方やカジノでの服装マナーを知っておいて損ないので、今回はラスベガスに行く前に知っておきたい服装の知識についてお伝えします。

ラスベガスに行く前に服装について学ぶことで、「あの洋服を持ってくるべきだった、あの服を着てくれば良かった」とタラレバをなくすことができますからね。

このブログではラスベガス旅行の服装に関する話をできるだけ分かりやすく伝えるために、

  • 服装の定番
  • カジノでの服装
  • 時期別の服装
  • 服装に関するQA

これらをご紹介して行くのでラスベガス旅行に行く前に服装ついて学びたい方は、ぜひ参考にしてください。

ラスベガスの服装!1年の天気と機内から現地に到着するまでの定番

ラスベガスの天気は雨はほとんど降ることなく、3月〜4月は日本の春・5月〜8月は夏・9月〜10月は秋・11月〜2月は冬と、四季別に日本にいるときの服装と同じで大丈夫です。

ただ飛行機内では羽織を1枚持っていくと、寒いと思ったときに着ることができるので便利になります。

結論、ラスベガス旅行の服装は、あなたがいつも日本にいるときと同じ服装で大丈夫ということになるのですが、一応男女性別の定番格好を画像付でご紹介していきます。

ラスベガスの服装(カジノを含む)を靴を含めて紹介

ラスベガスの服装

  1. 男性
  2. 女性

男性のラスベガスの服装

男性のラスベガス旅行の服装は、迷うのであれば、

  • 襟付きのシャツ
  • ジーパンorチノパン
  • 羽織1枚(ジャケット)
  • 革靴

カジノに行くならスニーカーやダメージジーンズを着て入場できないので注意してください。

女性のラスベガスの服装

女性のラスベガス旅行の服装は、迷うのであれば、

  • ミニワンピース
  • ヒール

カジノに行くならTシャツ・スニーカーは履けません。

また『治安の内部リンク』こちらの記事に書いてあるとおり、露出度の高い服装を着るのは危険なので注意が必要です。

露出度の高い服装以外にも、ラスベガスに行く前に絶対に覚えておいてほしい注意点を知りたい方は、ぜひ上記記事を併せて確認してみてください。

【月別】ラスベガスの服装

ラスベガス旅行月別の服装

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 5月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 年末年始

1月(正月)のラスベガス旅行の服装

1月のラスベガスの服装は日本と同じく寒いので、ヒートテックや羽織を1枚着て行くと便利です。

重ね着をして温度調整をすることができればOKなので、もし迷うのであればいつも着ている服装に羽織ものを1枚持っていくようにしていきましょう。

2月のラスベガス旅行の服装

2月も寒いので、暖かいコートがあると便利です。

またマフラーがあると寒さをしのげるので、マフラーを持っていくことをおすすめします。

3月5月(gw)のラスベガス旅行の服装

3月になると寒さは和らぐので、薄手のパーカーやジャケットを羽織ものとして着ていくようにしてみてください。

また長袖ではなく半袖を着ていっても羽織があれば何とかなる寒さです。

8月(夏)のラスベガス旅行の服装

8月のラスベガスの気温は日本のようにジメジメした暑さになります。

服装に関しては日本で過ごす服装と、まったく同じ物を着ていけばOK。

ただし夜市に行くならパーカーがあると、寒いと思ったとっきにサッと羽織れるので便利です。

9月のラスベガス旅行の服装

9月の服装は暑さが和らぎ、気温も25度〜30度くらいになるので羽織ものを1枚持っていきましょう。

10月のラスベガス旅行の服装

10月も9月と同じような服装で大丈夫です。

また急な雨に備えて(ほとんど雨は降りませんが・・・)パーカーは撥水機能がついているものだと便利になります。

11月のラスベガス旅行の服装

11月になるとラスベガスは最低気温一桁台になるなど、かなり冷え込むときもあります。

この時期から防寒対策をした方がいいので、夜のラスベガスを散策するなた厚手の洋服を持って行くことをおすすめします。

12月年末年始のラスベガス旅行の服装

12月のラスベガスは、日本と同じように寒いです。

そのためダウンやオーバーコートを持っていくようにしていきましょう。

ラスベガスの服装をインスタでもチェック

ラスベガスの服装はインスタでもチェックすることができます。

「あ、この服装真似したいな」というファッションがありましたら是非参考にしてみてください。

トラベルボーイ:ラスベガスで何を着るか

ラスベガスはカラフルで活気のある街で、欲しい人にとって理想的な場所です。エンターテインメント、おいしい料理、そして素晴らしいナイトライフを体験してください。ただし、季節の変化に注意することも重要なので、適切な服装が必要です。

ラスベガスの春の

天気: 

春は通常、3月と5月の間にラスベガスで発生します。気温は70度から80度の範囲にとどまるため、これは街を訪れるのに最適な時期の1つです。 

ラスベガスで着用するもの: 

春のシーズン中は、ノースリーブのトップスを着用することをお勧めし 暑くなる可能性があるため、一日の早い時間にまたは無地の白いTシャツます。ただし、この時期は少し肌寒くなることがありますので、夜はジャケットと長ズボンをご持参ください。また、この旅行では多くのウォーキングが必要になるため、快適な靴を履くことを忘れないでください。 

ラスベガスの夏の

天気:  

これは、ここラスベガスの非常に暑い天候に備える必要がある時期です。初夏の気温は通常、6月から8月にかけて90度から100度の範囲になります。今シーズンは暑いかもしれませんが、時々大雨が降ります。

なにを着ればいい: 

あなたの服装は本当にあなたが夏の間に行う活動に依存します。たとえば、友達や家族と一緒に水泳旅行を計画している場合は、お気に入りの水着を着用することをお勧めします。ただし、ストリップを歩いているだけの場合は、ショートパンツ、タンクトップ、サンドレスなど、最も軽くてかっこいい服を着ることができます。この旅行ではたくさんのウォーキングが必要になるので、快適な靴を履くことを忘れないでください。

ラスベガスの落ちる

天気に: 

この間、気温は80度から90度の範囲で少し暑くなる可能性があります。幸いなことに、冬がもう来ているので、涼しい夜があります。 

着用するもの:

日中のほとんどの時間を過ごす予定の場合は、まだ少し暑い可能性があるため、ショートパンツやドレスを着用することをお勧めします。ただし、夜は肌寒くなる傾向があるので、夜は上着やセーターなどの服を着たほうがいいかもしれません。

ラスベガスの冬ラスベガス

天気: 幸いなことに、の冬の季節は他の都市ほど寒くありません。通常 、日中の平均気温は50度から60度です。ただし、夜間は気温が30〜40度と、少し寒くなることがあります。

ラスベガスで何を着るか: 

この時期は少し寒いので、日中は長ズボンと長袖のシャツまたはセーターを着用し、夜間は暖かいジャケットと手袋を着用することをお勧めします。 

投稿日:
カテゴリー: Blog

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です