フランス旅行服装!男女性の春夏秋冬【1月8月9月10月11月12月】

フランス旅行に行く前に服装を確認しよう

あなたはフランス旅行に着ていく服装について困っていませんか?

フランス旅行の男女性の服装は必ずしも決まりがあるというわけではありません。

ただ1月、2月、3月、8月、9月、10月、11月、12月とフランス旅行に行くまえに服装の選び方やマナーを知っておいて損ないので、今回はフランス旅行に行く前に知っておきたい服装の知識についてお伝えします。

フランス旅行に行く前に服装について学ぶことで、「あの洋服を持ってくるべきだった、あの服を着てくれば良かった」とタラレバをなくすことができますからね。

このブログではフランス旅行の服装に関する話をできるだけ分かりやすく伝えるために、

  • 服装の定番
  • 写真付きの服装
  • 時期別の服装
  • 服装に関するQA

これらをご紹介して行くのでフランス旅行に行く前に服装ついて学びたい方は、ぜひ参考にしてください。

フランス旅行の服装!機内から現地に到着するまでの定番

フランスの気候は日本と同じように四季があるので、主に日本にいるときの服装と同じで大丈夫です。

ただ7月、8月に行くなら日本のようなジメジメとした暑さにはならないので、日本の夏よりは過ごしやすい季節になります。

結論、フランス旅行の服装は、あなたがいつも日本にいるときと同じ服装で大丈夫ということになるのですが、一応男女性別の定番格好を画像付でご紹介していきます。

フランス旅行の服装を靴を含めて画像付で紹介

フランス旅行の服装

  1. 男性
  2. 女性

フランス旅行の服装!男性の画像

男性のフランス旅行の服装は、迷うのであれば、

  • Tシャツ
  • ジーパンorチノパン
  • 羽織1枚(ジャケット・パーカー)
  • 歩きやすいスニーカー、海用のサンダル

こちらを準備していきましょう。

フランス旅行の服装!女性の画像

女性のフランス旅行の服装は、迷うのであれば、

  • Tシャツ
  • ショートパンツ、ワンピース、スカート
  • 羽織1枚(パーカー、カーディガン)
  • 歩きやすいスニーカー、海用のサンダル

こちらを準備していきましょう。

ただし『フランス旅行の注意点』こちらの記事に書いてあるとおり、露出度の高い服装を着るのは危険なので注意が必要です。

露出度の高い服装以外にも、フランスに行く前に絶対に覚えておいてほしいことや外務省の渡航情報を知りたい方は、ぜひ上記記事を併せて確認してみてください。

【月別】フランス旅行の服装

フランス旅行月別の服装

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 年末年始

1月(正月)のフランス旅行の服装

1月のフランスの服装は日本と同じく寒いので、ヒートテックや羽織を1枚着て行くと便利です。

重ね着をして温度調整をすることができればOKなので、もし迷うのであればいつも着ている服装に羽織ものを1枚持っていくようにしていきましょう。

2月のフランス旅行の服装

2月も寒いので、暖かいコートがあると便利です。

またマフラーがあると寒さをしのげるので、マフラーを持っていくことをおすすめします。

3月のフランス旅行の服装

3月になると寒さは和らぐので、薄手のパーカーやジャケットを羽織ものとして着ていくようにしてみてください。

また長袖ではなく半袖を着ていっても羽織があれば何とかなる寒さです。

8月(夏)のフランス旅行の服装

8月のフランスの気温は日本のようにジメジメした暑さになります。

服装に関しては日本で過ごす服装と、まったく同じ物を着ていけばOK。

また日差しが強いので、日焼け止めは塗るようにしていきましょう。

9月のフランス旅行の服装

9月の服装は暑さが和らぎ、気温も25度〜30度くらいになるので羽織ものを1枚持っていきましょう。

10月のフランス旅行の服装

10月も9月と同じような服装で大丈夫ですが、地域によっては気温がかなり下がる場所もあるので注意が必要です。

また急な雨に備えてパーカーは撥水機能がついているものだと便利になります。

11月のフランス旅行の服装

11月になるとフランスの内陸部は氷点下を下回る場合もあり、かなり冷え込みます。

急な寒さに備えて、厚手のコートやヒートテックを準備していきましょう。

12月年末年始のフランス旅行の服装

12月のフランスは内陸部はかなり寒く、パリは東京と同じくらいの気温です。。

そのためダウンやオーバーコートを準備しておきましょう。

Travel Boy:フランスで何を着るか

フランスは、家族や友人が訪れるのに最適な人気の旅行先です。しかし、他の国で何を着るかを考えると、かなり圧倒される可能性があります。旅行中に何を持っていくべきかわからない場合は、トラベルボーイに手伝ってもらいましょう!私たちはあなたが街とその気象条件に適した正しい服を詰めて着ることを確実にしたいです。

さらにお手伝いするために、夏、春、秋、冬の最も快適で審美的なファッションスタイルを絞り込み、地元の人々との調和を図っています。この記事では、ここフランスでの滞在を存分に楽しむためのストレスのない体験を提供したいと思います。詳細については、以下をお読みください。 

天気をチェック!

何を着るかを知るために、フランスに行く前に最初に考慮すべきことの1つは、国の気象条件です。 フランスは温暖な気候です。暑すぎず寒すぎもありませんが、季節によって天候が大きく変わることを覚えておく必要があります。

夏にフランスで何を着る

か夏にフランスを訪れる予定はありますか?はいの場合は、7月と8月にこの国を訪れることをお勧めします。これは一年で最も暖かい時期であり、日中の気温は20°Cから27°Cの範囲です。これらの月の間は少し暑いですが、時々夏のにわか雨が降るでしょう。このため、フランス北部と西部では特に一般的であるため、旅行中は傘や防水服を持参することをお勧めします。 

  • トップス。 

ビーチに行く予定がある場合や、家族や友人とアウトドアアクティビティをする場合は、白いTシャツやタンクトップなどの基本的なトップスを着用することをお勧めします。ただし、ほとんどの時間をナイトマーケットの散策や美しい建築物の訪問に費やす場合は、ウォーキング中に涼しく快適に過ごすために、オフショルダーのトップスとフリルをお勧めします。

  • ボトムス。 

夏の間は、たくさんのアクティビティをするので、スタイリッシュすぎるものを着る必要はありません。ライトウォッシュジーンズ、さわやかなワイドレッグパンツ、スリップスカート、またはテーラードショーツをお勧めします。

  • ドレス。 

快適なドレスを着て、夏の間の滞在を楽しむためのより良い方法。これは、快適さとフィネスを同時に提供するため、街を歩くのに特に最適です。

  • 水着。 

ビーチで何を着なければならないかについての制限はありませんが、まともな水着を持っていることはまだ行くのに最適な方法です。ただし、ここフランスで最もビーチ/プライベートリゾートには厳しい規制があるため、派手すぎたり露骨になりすぎたりすることは避けてください。 

  • 靴。 

夏の間は、アウトドアやウォーキングがたくさんあるので、快適なものを身につけることをお勧めします。私たちがお勧めする最高のものの1つは、スリッポンまたはサンダルです。

  • 付属品。 

キャップや色合いを身に着けて、夏のルックを仕上げるのに最適な方法です。さらに、保管用にビーチバッグとクロスボディバッグも必要です。

秋にフランスで何を着るか

フランスは季節を問わず完璧な目的地ですが、滞在を満喫したい場合は、この時期に行くことをお勧めします。秋は理想的 フランスの都市や田園地帯を探索するのにです。気温が16°C〜18°C前後になる9月または10月初旬にこの国を訪れてみてください。 

私たちは、それがほとんどの季節と比較してより良い経験をあなたに提供することを保証します。通常は肌寒い土砂降りで、朝の着替えが難しくなります。そのため、この時期に訪れる際は、余分な服を着ることをお勧めします。

  • トップス。 

長袖のトップスなど、Tシャツの上に着用できる軽い服を着用することをお勧めします。この時期は冬が近づいているので、暖かく保つ厚いトップスを選ぶことができます。

  • ドレス。 

今シーズンは少し寒いですが、ドレスが着れないという意味ではありませんか?それでもドレスを着たい場合は、ドレスの下にタートルネックのレイヤーを追加することをお勧めします。さらに、革のアンクルブーツと一緒に長くて居心地の良いカーディガンを着用することもできます。

  • ボトムス。 

今シーズンは寒くなりそうなので、テーラードパンツやジーンズをお試しいただけます。リラックスしながらも洗練された外観を実現したい場合は、ブレザーと組み合わせれば、すぐに装いを引き立てることができます。

  • 靴。 

このシーズンに持参するのに最適な靴は、防水テニスシューズ、クラシックなバレエシューズ、レザーブーツです。これは、秋に足を涼しく快適にドライに保つためです。

  • ジャケット。 

革やデニムのジャケットは、暖かく保つのに役立つだけでなく、どんな服装にも適しているので、秋に着るのに最適です。 

  • レインコート。 

今シーズンは雨が降っていますので、トレンチや薄手のコートをご持参ください。この時期は雨が多いので、必ず準備してください。

  • 付属品。 

この間は常に雨が降るので、持ち物を乾いた状態に保つために「レザークロスボディバッグ」を持参することをお勧めします。ただし、お持ちでない場合は、どの防水バッグでもかまいません。

冬にフランスで何を着るか

夏にはたくさんのアウトドアアクティビティがありますが、冬には別の種類の美しさを楽しむ機会もあります。この時期に訪れるのに最適な場所の1つは、「エッフェル塔」と「シャンゼリゼ」、「アルプス」と「ピレネー」と「ノルマンディーの魅力的なシャトー」の雪をかぶった山々です。ただし、冬は難しい場合があるため、何を着るかを知る必要があることに注意する必要があります。

  • トップス。 

まず、長袖のトップス、ブラウス(女性用)、またはタートルネックの薄いシャツを着て、だらしないブレザーや冬のジャケットの下に着てみてください。夜は非常に肌寒くなる可能性があるので、必ずレイヤーを用意してください。 冬はどこへ行っても暖かいコートが欠かせません。

  • ボトムス。 

下半分には、上品に見えると同時に暖かさを保つことができるので、黒またはダークスキニージーンズの良いペアを選ぶことをお勧めします。 

  • 靴。 

滑りやすい階段や石畳を踏む可能性が高いので、かさばる構造と頑丈な靴底の靴を選ぶことを強くお勧めします。コンクリートに最も密着するのは、アンクルブーツや革靴を選ぶことです。

  • 付属品。 

寒い中での移動に苦労するので、今シーズンはアクセサリーをたくさん着るのは良い考えではありません。ただし、服装を補完する代替品が必要な場合は、ステートメントスカーフまたは革手袋を試してみることをお勧めします。 

春にフランスで何を着るか

秋と同様に、今シーズンは訪問者がフランスに行くのに最適な時期の1つです。新鮮なつぼみが咲き、動物が目覚め、国は再び生き返ったようです。春は通常3月に起こり、気温 は12°Cから17°Cの範囲で快適になります。

  • トップス。 

冬が終わったばかりなので、風通しの良いニットや軽量のジャケットをお試しいただけます。別のオプションとして、素敵なTシャツの上に薄手のウールのセーターを着たり、かわいいブラウスとブレザーを組み合わせたりすることもできます。ただし、雨が降る時期はないかもしれないので、旅行中もレインコートを持参することをお勧めします。

  • 下。 

雨は減ったかもしれませんが、ミニスカート(女性用)やデニムのショートパンツがすでに着れるわけではありません。快適さのために、シンプルなジーンズやデニムの着用をお勧めします。

  • 靴。 

この季節、特に雨と輝きの両方が予想される場合、適切な靴を履くかどうかを考えるのは非常に困難です。履きやすいので、ローヒールのオープントゥブーツ(女性用)、ローファー、ミュール、ラバーシューズの着用をお勧めします。

  • 水着。 

今シーズン、いつビーチリゾートに出くわすかわからないので、この時期に訪れるときは水着を持参することをお勧めします。 フランスではドレスコードの規制が厳しいため、派手な服装や露出度の高い服装は避けてください。

  • 付属品。 

ストロートート、クロスボディバッグ、バスケットバッグで仕上げることができます。キャップやシェードを着用することもいい感じを追加します。

フランスを訪れる準備ができたので、友達や家族と一緒に旅行を満喫できます。もっと知りたいですか?こちらのTravel-bouya.comで当社のウェブサイトにアクセスしてください!

投稿日:
カテゴリー: Blog

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です